FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウキをきれいに乾燥させるメカの素

ウキ作りは根気がいるのです。

まずは木を削り、芯を通してオモリを仕込む。

ここまでは結構いいペースで進むのですが。。。



その後の下地作りが、めっちゃ地道な作業なのです。

DSCN1345.jpg

ここまで持っていくのに、最低1週間はかかります。

ラッカー(セルロース)に漬けては乾かし、漬けては乾かしを

繰り返すこと5~7回。


硬い下地を作ることが、最も大事なのです!



その作業を少しでも楽にするためのメカを作ろうと、一念発起。



ラッカーに漬ける作業は手作業しかないので、乾燥工程をメカに

頼ろうと考えたのですが・・・



で、とりあえず子供の工作キットを頂戴してモーターを確保。

DSCN1344.jpg




ラッカーの液タレを防ぎながら乾燥させるキモの部分は、

やはり世界のタミヤでしょう!!

DSCN1343.jpg

タミヤのプーリー(S)セットを2個入手。



これで、楊枝に刺さったウキを回しながら乾燥させようという

壮大な計画なのです!


にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いかとうちゃん

Author:いかとうちゃん
一日幸せになりたければ酒を飲みなさい
三日幸せになりたければ結婚しなさい
七日幸せになりたければ豚を殺して食べなさい
一生幸せになりたければ釣りを覚えなさい

中国の諺であり、かの開高健先生も小説の冒頭に書いたこの言葉を胸に、これからも趣味としての釣りと関わっていきたいですね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。